ジャパンネット銀行のカードローン増枠はこうする

お金借りる5万
ジャパンネット銀行のローン商品の増額はとっても簡単です。カードローン増枠を考えている方は、まずはログインからスタートしましょう。(ただしジャパンネット銀行ではカードローンの新規受け付け、借り入れおまとめローンの新規受け付けは終了しています。ネットキャッシングという商品に受け継がれていますので、そちらを利用しましょう。)
パソコンからログインした場合は、ローン→増額審査申し込みと進みます。希望の限度額と連絡をもらう場合どこがよいかという希望を入力して申し込むだけです。携帯電話からのログインでは、ローン→極度型ローンメニュー→増額審査申し込みと進みます。同様に希望額と希望の連絡先を入力し申し込めば完了です。
以前にジャパンネット銀行から増額の案内をもらっていて、一旦断ったことがあるという方は、増額申し込みの前にローンセンターに電話連絡を入れておくようにしましょう。
増額の案内は郵便で届きます。また審査を申し込みをしたときには否決となっても、翌月に増額可能となる場合もあるのです。これは取引状況などによって細かく審査が行われている結果ですので、やむを得ないと考えるしかなさそうです。
ジャパンネット銀行のネットキャッシングの審査は、普通口座をジャパンネット銀行に持っていれば最短で60分程度で済んでしまいます。しかし増額審査はこれよりも長くかかることもあります。緊急に増やしてほしい、という希望を受け付けることはできませんので、早目早目に申し込んでおくほうが安心でしょう。

消費者金より銀行が低金利ってホント?

皆さんは、お金を借りるところといえば、どんな所を思い浮かべますか?もし、自分がお金を借りなくてはならなくなったとしたら、どこから借りることを考えるでしょうか?

もちろん、簡単にお金を借りることができるような身内の方がいれば、それが一番ですよね。しかし、そう簡単にお金の相談に乗ってくれるような身近な人はいないのではないでしょうか。

それでは、一般の企業からお金を借りるしかありません。例えば、消費者金融はどうでしょうか。毎日のようにテレビのCMや雑誌の広告で目にしますよね。それに、街のあちらこちらで、無人契約機を見かけます。

消費者金融のサービスは、スピードが重視されているので、緊急的にお金が必要になった時にも対応が可能なのは、非常に便利です。即日融資が可能なことも嬉しいですよね。また、最近では、無利息ローンなどのサービスも開始されていて、さらにお得になっています。

しかし、消費者金融は、金利が高いことが難点です。資本のない消費者金融では、その利益は金利からしか得ることができないため、どうしても高めの設定になってしまうのです。

一方、銀行は消費者金融より、明らかに低金利でのローンを利用することが可能です。しかも総量規制の対象にはならないということもあり、銀行のカードローンは人気が上がってきています。しかし、低金利で高額な融資を受けるためには、それなりの審査が必要です。時間もかかるし、ハードルもぐっと高くなり、審査に通るのは厳しくなります。

関連記事